第10回 雨水ネットワーク全国大会2017 in 広島

「雨水ネットワーク」は、雨に関わる市民、行政、企業、学術の
情報交換や活動交流の場として2008年に設立されました。
第10回の開催となる今年は、水の都広島の東部に位置する
自然豊かな学園都市“東広島”にて開催します。

主催:雨水ネットワーク全国大会 in 広島実行委員会
開催日:2017年8月4日(金)、5日(土)
会場:東広島芸術文化ホール「くらら」(東広島市西条栄町7-19)
参加:無料
詳細http://rain-net.jp/z-taikai.html

◆8月4日(金)「雨水⇔防災⇔まちづくり」
13:00 開催あいさつ ・講演趣旨説明
 実行委員長 市川尚紀 (近畿大学 工学部 建築学科 准教授)
13:15 開催地のご紹介
 「東広島市の水とまちづくり」
  加藤 博明 (東広島市 都市部 部長)
13:30 話題提供
 「雨庭を通したエコロジカルネットワーク」
  森本 幸裕 (京都学園大学 バイオ環境デザイン学科特任教授)
 「平成26年8月広島豪雨災害被災地の復興まちづくり」
  木村 良一 (広島市 都市整備局 都市整備調整課)
 「山と水のグランドワーク(仮題)」
  中越 信和 (西条・山と水の環境機構 運営委員長)
 「酒蔵通りと半尾川再生まちづくり」
  中坪 孝之 (広島大学大学院 生物圏科学研究科 教授)
16:20 パネルディスカッション
 「雨水 ・ 防災 ・ まちづくり」
17:30 懇親会 (会費制)

◆8月5日(土)「雨水⇔文化」
9:30 酒蔵通り見学(事前申込が必要です)
   見学案内 東広島市観光協会
13:00 大会趣旨説明
  雨水ネットワーク世話人会
13:15 基調講演
 「雨水パワーによるまちおこし -雨水の風土論-」
  福岡 義隆 (広島大学名誉教授・立正大学名誉教授)
14:30 “水” に関する様々な取り組み報告
 14:30 子ども向けワークショップ(同時開催)
17:30 交流会 (会費制)

【お問い合わせ】
雨水ネットワーク全国大会 in 広島実行委員会 事務局
広島県東広島市高屋うめの辺1番(近畿大学工学部内)
Tel:082-434-7384
E-Mail:taikai★rain-net.jp(★を@に)


貞山運河を生かしたまちづくり

復興の進む沿岸部における交流人口の拡大に向けて、貴重な地域資源である貞山運河の利活用、
特に舟運事業の実現の可能性について検討を進めております。
今般、市民の皆様と地域資源である貞山運河の魅力について再発見し、
さらには貞山運河の活用、舟運事業の取り組みについて、
ともに考えるためのシンポジウムを開催することにいたしました。
シンポジウムに先立ち、「貞山運河舟運事業試乗体験」と「ゆりあげ港朝市名物浜焼き体験」を行います。

1「貞山運河舟運事業試乗体験」及び「ゆりあげ港朝市名物浜焼き体験」

日時:2017年7月29日(土)10:30~13:00
集合場所:ゆりあげ港朝市
定員:先着100名
(※事前申し込みが必要です。また、中学生以下の方は保護者同伴でお申し込みください)
参加料:無料
申込方法:チラシ裏面申込書に①参加者氏名 ②住所 ③連絡先をご記入のうえ、
 名取市復興調整課まで電子メール(chousei@city.natori.miyagi.jp)、
 FAX(022-383-2383)もしくは直接ご持参してください。
 電話(022-290-2085)による申し込みもお受けいたします。
 なお、申し込み多数の場合には、先着順により参加者を決定いたします。

2 貞山運河シンポジウム

日時:2017年7月29日(土)14:00~16:00
場所:名取市文化会館小ホール

<プログラム>
(1)基調講演「貞山運河の歴史的価値と可能性について」
 講師:宮﨑正俊 氏(貞山運河研究所 理事長)
(2)パネルディスカッション
 テーマ「地域資源としての貞山運河の活用について」外

定員:先着200名
(※事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。)
参加料:無料

詳細(名取市震災復興部復興調整課)
http://www.city.natori.miyagi.jp/soshiki/shinsaifukko/chousei/node_45366

【お問い合わせ】
名取市震災復興部復興調整課
〒981-1224名取市増田字柳田570-2
 仙台法務局名取出張所2階
電話 022-290-2085
FAX 022-383-2383
電子メール chousei@city.natori.miyagi.jp


水環境におけるマイクロプラスチックに関する最新の動向

公社)日本水環境学会の第26回市民セミナーです。
海洋ごみの多くがプラスチックで,分解性が低く,環境中に長く留まることが指摘されてきましたが、
近年、プラスチックが細片化されたマイクロプラスチックの存在が明らかとなってきました。
マイクロプラスチックは,海洋中ではごく低濃度でしか存在しない有害性の高い化学物質を吸着し,
濃縮することも明らかになりつつあり,摂取した魚や鳥などにこれらの有害な化学物質が
移行することも分かってきました。
本セミナーではマイクロプラスチックに関する最新の研究成果を最先端で活躍する4名の講師から
話題提供をいただきます。

期日:2017年8月4日(金)10:50~16:30
場所:地球環境カレッジホール(東京都世田谷区)、いであ(株)大阪支社ホール(大阪市住之江区)

参加費:一般 3,000 円,大学生 1,000 円,高校生以下無料(税込,資料代含む)
定員:250名(東京会場150名,大阪会場100名)
詳細(PDF)https://jswe.or.jp/event/seminars/pdf/26c_seminar.pdf
https://jswe.or.jp/event/seminars/citizenseminar.html

申し込み・問い合わせ先
公社)日本水環境学会 セミナー係 (戸川)
〒135-0006 東京都江東区常盤 2-9-7 グリーンプラザ深川常盤 201号
Tel.03-3632-5351 Fax.03-3632-5351
E-mail: togawa★jswe.or.jp (★→@に変えてください)
https://jswe.or.jp/


平成29年度「水環境文化賞」候補者 募集

水環境文化賞は,水環境の保全・創造に関する社会文化活動が顕著である
団体あるいは個人に贈られます。自薦,他薦は問いません。
受賞者は2018年3月16日に開催される日本水環境学第52回年会(北海道札幌市)表彰式にて
表彰状および副賞が授与されます。

<応募方法>
応募用紙をダウンロードし,以下1)~6)の必要事項を記入の上,
活動を示す書類と併せて以下提出先に送付ください。
 1) 被推薦団体名或いは被推薦者氏名,連絡先住所,電話番号,E-mailアドレス
 2) 活動概要(300字以内)
 3) 対象とする社会文化活動
 4) 広報活動など(200字以内)
 5) 推薦者の推薦理由(500字程度)
 6) 推薦者の氏名,住所,所属,電話番号,E-mailアドレス

<評価ポイント>
 ・水環境文化の普及に貢献していること
 ・活動範囲に実際の水環境が含まれていること
 ・活動が水環境の保全に寄与していること
 ・活動経歴が十分であること
 ・活動に将来性・継続性が認められること
 ・参加者,支援者が多く参画していること
 ・社会貢献としての広がりがあること
 ・活動が地域に広く伝わっていること
 ただし,水環境の保全・創造に関する社会文化活動は一様ではありませんので,
 すべてのポイントを満足する必要はありません。

応募詳細(公益社団法人日本水環境学会)https://jswe.or.jp/awards/bunka/index.html

応募締め切り:2017年10月5日(必着)

提出・問い合わせ先(学会事務局)
〒135-0006 江東区常盤2-9-7 グリーンプラザ深川常盤201号
(公社)日本水環境学会「水環境文化賞」係
Tel. 03-3632-5351、Fax. 03-3632-5352


第28回全国トンボ・市民サミット 名取大会

名取市において全国規模の大会を開催し、巨大津波による自然環境の変化と現在の状況を見ていただき、
これまでのご支援に感謝し、復興の現状を全国に発信するとともに、
交流人口の増加を図り地域の活性化の一助とします。
また、宮城県南地域で自然環境、生物多様性に取り組む活動を紹介し、
持続可能な環境整備の課題とこれからの方向性を考察します。
名取市内の各団体のネットワークを構築しながら、世代を超えた交流を図り、
自然環境活動に取り組み、持続可能な地域の暮らしを応援します。

○主催:第28回全国トンボ・市民サミット名取大会実行委員会
○日時:2017年7月29日(土)、30日(日)
○会場:サッポロビール仙台工場ゲストホール(JR名取駅となり)

<スケジュール>
7月29日(土)
エクスカーション 被災地の現状と、海岸林再生への取り組みなど。
 13:30 受付 集合場所 サッポロビール仙台工場ゲストホール
 14:00 出発
 ○海岸林の再生事業「海岸林再生プロジェクト」
 ○被災地ツアー 「日和山」「復興桜」「ゆりあげ港朝市」等
 ・名取市観光物産協会(語り部による説明)

交流会
 17:30 受付
 18:00~20:00 交流会
 ・場所 サッポロビール園
 ・会費 4,500円

7月30日(日)
本大会 (会場 サッポロビール仙台工場 ゲストホール)
 9:30 ~ 受付 
 10:00 開会式
 10:30 基調講演
  講演1「昆虫はすばらしい!」
  講師 阿部 剛氏(宮城昆虫地理研究会代表)
  ・宮城で見られる面白い昆虫の紹介
  ・生息環境の変化と昆虫への影響
  ・東日本大震災が与えた昆虫への影響       
 11:15 休憩
 11:30
  講演2「大津波とトンボの生息状況」
  講師 牧野 周氏(東北大学大学院農学研究科教授)
 12:15 昼食 (お弁当は事前の予約が必要です)
 13:00 地元での活動報告・意見交換​
 14:40 閉会式
 15:00 閉会

○詳細:https://balloon-boy.wixsite.com/tombo

【お問い合わせ】
実行委員会事務局 大久保主計(ちから)
〒981-1231 宮城県名取市手倉田字諏訪288-3
TEL 070-5476-1881 (FAX 022-382-4602)
E-mail balloon-boy★live.jp (★は@に置き換える)