世界水フォーラムの課題と展望

主催:世界水フォーラムを考える会
後援:同志社大学ソーシャル・ウエルネス研究センター他

日時:2017年10月7日(土)13時半(開場:13時)
会場:同志社大学志高館SK110教室
参加者:100人
参加費:社会人 500円/学生 無料

<プログラム>
講演:第3回世界水フォーラムの成果と課題
   講師:新川達郎氏(同志社大学大学院教授)
報告1:大航海時代 互恵的水域交易と社会貢献-角倉了以・素庵父子の功績
   報告者:冨士谷あつ子氏(評論家・京都文化創生機構理事長)
報告2:沙漠化した沙漠は緑化できる
   報告者:澤井敏郎氏(N.GKS:緑の協力隊関西澤井隊代表)
報告3:京町家からアフリカヘ
   報告者:小野了代氏(公益社団法人日本国際民間協力会NICCO 理事長)
報告:日本海にのぞむ京都の水問題
   報告者:河合美奈子氏(一般社団法人Com aqua 事務局長)

コメンテーター:上杉孝實氏(京都大学名誉教授)
総合司会::後藤安子氏(元神戸山手大学教授)

貞山運河の船遊びと新浜フットパス2

貞山運河で、さくば(小型和船)やEボート(大型カヌー)に乗ることができます。また、渡し船で運河を渡り、新浜海岸まで行ってみます。

・さくば:かつて閖上にあった小型和船を歌津の岩石棟梁が再現、櫓や櫂で進む。
・Eボート:10人乗りの大型カヌー
・渡し船:昭和40年代まで新浜にあった「馬船」を再現。ロープで引き寄せる方式。

主催:貞山運河研究所・新浜町内会
日時:2017年10月1日(日)10:00~14:00
集合場所:海岸公園・新浜駐車場(仮称)(仙台市宮城野区岡田字砂原)

定員:40名(要申込・先着)
参加費:無料
持ち物:昼食、飲み物
服装:動きやすい服装と靴、帽子、雨具(適宜)


「貞山運河の船遊びと新浜フットパス2」チラシ(PDF)

■地下鉄・バスをご利用の場合
地下鉄東西線荒井駅から「岡田・新浜行き」バスに乗車
→「新浜」下車 徒歩15分
(詳細はチラシをご覧ください)

<スケジュール>
10:00 コース説明

○第1グループ(20名)
 10:10~11:10 さくばやEボートに乗ってみよう
 11:10~12:10 渡し船で対岸に渡り、新浜海岸へ行こう
○第2グループ(20名)
 10:10~11:10 渡し船で対岸に渡り、新浜海岸へ行こう
 11:10~12:10 さくばやEボートに乗ってみよう

12:30~14:00 新浜みんなの家で昼食、意見交換

協力:東北学院大学教養学部平吹ゼミ
  NPO法人水・環境ネット東北

※仙台市協働まちづくり推進助成事業の助成金を活用しています。

【お申し込み・お問い合わせ】
貞山運河研究所 事務局
 E-mail teizan.cis★gmail.com (★→@に変えてください)
 TEL 090-4630-8344(遠藤)、080-5561-0250(上原)
 FAX 022-268-4042(貞山運河研究所レターケース107番 宛)

天水桶手づくり講座(2017年 第2回)

身近な材料(ポリバケツ)で天水桶=雨水タンクを作ります。
雨水を貯め、それを活用することは、色々なメリットがあるのです。貯めた雨水を地下に戻せば、地下水を涵養し、身近にあった湧水の復活にもつながります。雨水や湧水は、日常生活に活用できたり、災害時の用水としても役立ちます。
雨水の活用に取り組みましょう。


天水桶手づくり講座(2017年 第2回)チラシ(PDF)

主催:雨水ネットワーク東北
協力:仙台リバーズネット・梅田川
後援:仙台市
日時:2017年10月21日(土)10:00〜12:30
会場:仙台市農業園芸センター 研修室1
 http://sendai-nogyo-engei-center.jp
(仙台市若林区荒井字切新田13-1 TEL 022-288-0811)
参加費:500円/1人または1家族
定員:20組(要申込・先着)
◆申込 Eメールまたはハガキで、お名前、人数、お電話番号を下記の申込先までお送りください。

<スケジュール>
09:30 受付開始
10:00 開会
10:10 ミニ講座
10:45 天水桶作成説明、実習(3グループ)
12:00 質疑応答、完成品獲得合戦
※抽選で完成品が当たります★(3台)

【申込・問い合わせ先】
雨水ネットワーク東北
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-14-26 保坂ビル301
NPO法人 水・環境ネット東北 内
TEL 090-2979-5755
Eメール ame-mizu★mizunet.org (★→@に変えてください)

この活動は、一般財団法人セブンーイレブン記念財団の助成を受けています。

第24回 広瀬川流域一斉清掃

広瀬川1万人プロジェクトの恒例の流域一斉清掃です。
水・環境ネット東北は、八本松会場を担当します。

○主催:広瀬川1万人プロジェクト実行委員会
○日時:2017年9月23日(土) 10:00~12:00 (受付9:30~) ※小雨決行
 実施の判断は当日の朝に広瀬川1万人プロジェクトのサイトhttp://hirosegawa-sendai.orgに掲載します。
○会場:広瀬川流域14会場
 *集合場所はチラシ裏面の地図をご覧ください
○参加費:無料 持ち物:軍手・飲み物・長ぐつ・雨具など
 *火バサミをお持ちの方はご持参下さい

○申込方法:下記の広瀬川1万人プロジェクトの申込フォームをご利用ください。
http://ae148kj5ct.smartrelease.jp/2017/09/01/771
 当日参加も可能です。
○チラシ(PDF)http://mizunet.org/cms/wp-content/uploads/2017/09/170923_hirosegawa.pdf

★ゴミ拾いに参加した記念に<参加証明書>を発行することも出来ます。
 必要な方はお問い合せください。

広瀬川1万人プロジェクトという名称には、100万都市・仙台市 の1%にあたる1万人をキーワードとして、多くの人々に広瀬川への関心を寄せてもらいたいという想いが込められています。

【お問い合わせ】
広瀬川1万人プロジェクト実行委員会 事務局(広瀬川市民会議)
TEL 080-7004-4932
FAX 022-739-8814
E-mail hirosegawa_shiminkaigi★yahoo.co.jp (★→@に変えてください)

第9回雨水(あまみず)サロン

雨水利活用に関する小さな勉強会の第9回目です。
NPO法人防災・減災サポートセンターのお二方から話題提供していただきます。

(1)地盤と“水(雨水)”について~こまった“みず”のふるまい~
 今野 隆彦 氏(NPO法人防災・減災サポートセンター 理事長)
(2)仙台付近の水理地質と三滝安山岩類の役割 
 守屋 資郎 氏(NPO法人防災・減災サポートセンター 副理事長)

どなたでも参加できます。お気軽にどうぞ。
お名前とご連絡先を下記事務局までお知らせ下さい。
(当日参加も出来ます)

○主催:雨水ネットワーク東北
○日時:2017年9月5日(火) 18:00~20:00
○会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室2
 (仙台市青葉区一番町四丁目1-3)
○参加費:500円 (飲み物付き)
○申込フォームhttp://mizunet.org/cms/about/inquiry

【お問い合わせ】
雨水ネットワーク東北 事務局
仙台市青葉区本町2丁目14-26 保坂ビル301
(NPO法人 水・環境ネット東北 内)
TEL. 090-2979-5755
E-mail ame-mizu★mizunet.org(★→@に変えてください)