植物界の「災害遺産」ミズアオイを知る連続ワークショップ

2011年3月11日の津波が引いた後、絶滅危惧植物のミズアオイがいっせいに現れて咲きました。
長いあいだ、土の中に埋もれていた種子が、津波によって眠りから醒めたのです。
しかし、そのほとんどは再び消えてしまいました。

主催:NPO法人日本ビオトープ協会(北海道・東北地区)

第一回EAT ミズアオイを食べる
ワークショップ第一回では、生き残っているミズアオイを保護している場所を見に行きます。
そして、特別に栽培したミズアオイを使って料理を作り、みんなで食べてみます。
日本人は古代からミズアオイを食用としていたことが万葉集にも詠まれています。
いま咲いている花は、どれくらい昔に埋まった種子なのでしょうか?
手がかりは遺伝子にあります。
それも調べてみましょう。

日時 2019年9月8日(日)9:30-15:00
(スケジュール)
 9:30 地下鉄東西線荒井駅集合(宮城県仙台市)
 10:00 せんだい農業園芸センター
 12:00 昼食づくり、試食(遠藤環境農園)
 14:00 遺伝子検査結果発表
 15:00 解散(貸切バスで移動)

—————————-
第二回 DIG 津波堆積物とタネ探し
地中深くで眠るミズアオイは、津波の度に甦った可能性があります。
ワークショップ第二回では、地下鉄荒井駅近く、仙台湾岸の土を掘って、
現在から弥生時代までの津波堆積物を観察します。
その土の中から、ミズアオイのタネをみんなで探してみましょう。

日時 2019年10月20日(日)9:30-15:00
(スケジュール)
 9:30 地下鉄東西線荒井駅集合
 9:40 現場にて松本秀明教授(東北学院大)指導による観察
 11:59 せんだい農業園芸センターへ市バスで移動(運賃各自支払い)
 12:10 昼食(各自持参、又は食堂にて)
 13:00 採取土壌の種子分析、解説
 15:00 解散

—————————-

○詳細
https://www.biotope.gr.jp/wp-content/uploads/mizuaoi20190908-1020.pdf

○お申し込み方法:メールでお申込みください。
→宛先:平塚 メールアドレス: mizuaoi0908★gmail.com (★→@)
 ・お名前(ふりがな)
 ・参加人数 大人○名、子ども○名
 ・参加希望の回  第1回・第2回

○定員:各回先着 20名
○参加費: 100円
※どちらか一回だけの参加でも構いません。
※野外で動きやすい服装、靴でご参加ください。
※このワークショップは、杜の都の市民環境教育・学習推進会議からの委託事業です。

仙台防災未来フォーラム

「仙台防災未来フォーラム」は、東日本大震災の経験や教訓を未来の防災に繋ぐため、
セッションやブース展示、体験型イベントなどを通じて市民のみなさまが防災を学び、
日頃の活動を発信できるイベントです。

今回のテーマは
わたしたちの防災を届けよう 世界へ、未来へ

主催 仙台市
日時 2019年11月10日(日)10:00~17:00
会場 仙台国際センター 展示棟

参加出展募集中
https://sendai-resilience.jp/mirai-forum_n/exhibitor.html

<募集企画>
・発表
・ワークショップ
・ブース展示
・ポスター展示
申込締切 2019年8月26日(月)17時事務局必着

同時開催
第2回 世界防災フォーラム IDRC2019in仙台 http://www.worldbosaiforum.com/2019/
第10回「震災対策技術展」東北 https://www.shinsaiexpo.com/tohoku/

【運営事務局】
仙台防災未来フォーラム運営事務局
〒980-0012 仙台市⻘葉区錦町1-12-1
 錦町パークマンション104(有限会社ガム内)
TEL. 090-2952-0251 FAX. 022-395-6908

第22回 日本水大賞

第22回(2020年)「日本水大賞」の募集が始まりました。
【応募締め切り 10月31日(当日消印有効)】

■対象となる活動分野
[1]水防災 [2]水資源 [3]水環境 [4]水文化 [5]復興

■対象となる活動主体
学校・企業・団体・個人・行政

■内容
[1]大賞 【グランプリ】 (賞状・副賞200万円)
[2]大臣賞 (賞状・副賞50万円) ほか

●主催 日本水大賞委員会 / 国土交通省

■詳細
http://www.japanriver.or.jp/taisyo/index.htm

【お問い合わせ】
公益社団法人 日本河川協会
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F
TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
E-mail:taisyo★japanriver.or.jp
(「★」記号を半角「@」に置き換えてください)

環境教育指導者養成講座

◆アメリカ発参加体験型環境教育手法 環境教育推進法人材認定事業◆

プロジェクトワイルドの中の「鳥編」と「サイエンス&シビック」の
2つの分野の指導者資格を取得できます。
取得後は一般指導者として、指導できます。
東北ではどちらも初めての開催になります。

講師:川原洋(プロジェクトワイルド日本代表コーディネーター)

日時:2019年9月7日13時~9月8日16時30分
場所:秋田県立岩城少年自然の家(TEL 0184-74-2011)
受講料:無料
テキスト代:鳥編5000円、サイエンス&シビック3000円(学割各1000円)
その他:宿泊費・食事代等3000円程度(高校生宿泊費無料)
募集:13名(一般、高校生・大学生等)
申込締切:8月25日

(その他)
・どちらか1つでの参加も可
・9月29日【日】指導の向上を図る機会があります。

主催:あきたESDネットワーク
協力:(一社)地域活性化センター/(一財)公園財団/ちっちゃいもの倶楽部/こどもエコクラブ

【申し込み・問い合わせ先】
あきたESDネットワーク(小山)
Email:cfi_oysk★cna.ne.jp (★→@に変えてください)
FAX:018-835-2751

広瀬川魅力創生サポーター認定制度

広瀬川において自然環境の保全や賑わいの創出に貢献する活動を行っている団体を、
「広瀬川魅力創生サポーター」として認定し、さらなる活動意欲の向上を図るとともに、
その取組みを支援するものです。
取組内容に応じて、「広瀬川グリーンサポーター」、
「広瀬川ゴールドサポーター」の2つの区分で認定します。

1. 広瀬川グリーンサポーター
広瀬川創生プランの取組事業に延べ10人以上が参加した団体。

【取組事業と活動の例】
・「広瀬川1万人プロジェクト」などの清掃活動に参加
・「広瀬川で遊ぼう」などのイベントの運営にスタッフの1人として従事

2. 広瀬川ゴールドサポーター
(「広瀬川グリーンサポーター」として認定されてから行う活動であること)
直近5年間のうち3年以上、広瀬川1万人プロジェクトにおける清掃会場事務局を担当した団体。
広瀬川創生プランの重点事業について、主催団体の事務局又は構成員として2回以上活動した団体。
広瀬川創生プランの重点事業を1つ以上と、同等の事業(※)について
主催団体の事務局又は構成員として活動した団体。
 ※同等の事業の詳細については、個別に相談願います。

【取組事業と活動の例】
・広瀬川1万人プロジェクト清掃活動の会場事務局(又は補助)を3年以上担当
・「広瀬川で遊ぼう」,「作並かっぱ祭り」等のイベントで主催団体等として活動

申請窓口 建設局百年の杜推進部河川課広瀬川創生室(市役所本庁舎6F)
申請・認定手数料 無料
詳細 http://www.city.sendai.jp/hirosegawasose/ninteiseido.html

【お問い合わせ先】
仙台市建設局河川課
仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階
電話番号:022-214-8327
ファクス:022-268-4312

NPO法人 水・環境ネット東北