「小さな自然再生」現地研修会に参加しました

第8回「小さな自然再生」現地研修会 in 秋田県大仙市・斉内川に参加してきました。
開催日 2018年2月27日(火)9:30~17:00
会場 大曲地域職業訓練センター(秋田県大仙市)

費用が安価で、子どもからお年寄りまで誰もが気軽に参加し、そして時には失敗をしながらも活動の効果が短期間で目に見える、そんな地域による取組みとして、「小さな自然再生」が各地で行われています。


今回、秋田で開催された「小さな自然再生」現地研修会に参加してきました。季節的に現地に行くことはできませんでしたが、午前の座学と、午後はワークショップが行われました。
秋田県の方をはじめ、定員を超える約100名の参加がありました。

(座学)
・「小さな自然再生のすすめ『河川生態系のしくみ』」
 三橋弘宗さん(兵庫県立大学自然・環境科学研究所)
・事例紹介
-「小さな自然再生と多自然川づくり」
 岩瀬晴夫さん((株)北海道技術コンサルタント)
-「できることからはじめよう水辺の小さな自然再生」
 瀧健太郎さん(滋賀県立大学環境科学部)


ワークショップは、「道の駅と直結した水辺の小さな自然再生と地域の賑わい創出」をテーマに、グループにわかれてアイデアを出し合いました。グループ毎に発表を行い、最後は講師の岩瀬さんから考え方について等の技術解説がありました。

研修会はとても面白い、興味深い内容でした。もし機会があれば、身近な川で「小さな自然再生」の実践ができたらいいなと思います。

(参考)
日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)http://www.a-rr.net/jp/
「第8回 小さな自然再生現地研修会@秋田県大仙市・斉内川 開催報告」(2018年3月発行)
http://jp.a-rr.net/jp/activity/publication/222
水辺の小さな自然再生 ホームページ
http://www.collabo-river.jp

環境フォーラムせんだい2017に参加出展しました

期日:2017年12月10日(日)
会場:せんだいメディアテーク


2017年も水・環境ネット東北は、仙台リバーズネット・梅田川、雨水ネットワーク東北と合同でブース出展をしました。


今回は少しスペースを広くいただいて、仙台リバーズネット・梅田川がつくったお宝探しゲーム(ゴミのポイ捨て防止を促すサイコロとカードを使ったゲーム)も行いました。みちのく仙台ORI☆姫隊の女の子たちもお手伝いに来てくれました。


伊達武将隊の方も「雨つぶぐるぐるすごろく」で水循環を体験していってくれました。
ブースにお立ち寄り下さった皆様、ありがとうございました。

「ぼうさいこくたい」に出展しました

(防災推進国民大会2017)
開催日:2017年11月26日(日)〜27日(月)
会場:仙台国際センター

防災を学ぶ、体験する、考えるイベントとして、2017年の「ぼうさいこくたい」は仙台で開催されました。当日は、展示棟と会議棟でたくさんの防災に関するセッション、ブース出展、ポスター展示等が行われました。


ぼうさいくこくたいには、雨水ネットワーク東北としてブースに出展を行いました。展示内容は、手づくり天水桶(雨水タンク)と雨水貯留に関するパネルなどです。


今回はブースの場所が、人通りの少ないエリアに当たってしまったのが残念でした。もう少しアピールしたかったですね。

「第10回雨水サロン」が開催されました

開催日:2017年11月13日(月)
会場:渡辺正彦 氏宅

第10回の雨水サロンでは、渡辺正彦さんのお宅(ビル)の屋上緑化を見学させていただきました。

4階建てのビルの屋上。屋上緑化は断熱効果も期待してとのこと。植栽したもののうち、乾燥に強い植物が残っているそうです。


サロンの会場もお借りしました。
話題提供は、「雨水利活用・雨水流出抑制の効果測定について」高梨哲彦氏、「屋上緑化の設置、維持管理などについて」渡辺正彦氏のお二人にお願いしました。
話題提供の後は、そのまま懇親会を行いました。

「広瀬川の魅力発見プロジェクト(上流編)」に参加しました

広瀬川市民会議が主催のイベントです。FEEL Sendaiの『[環境社会実験]未来プロジェクト』事業でもあります。(実施日:2017年11月1日)


JR仙山線を利用して奥新川駅に集合し、山の紅葉を見ながら坂を下りて河原に向かいます。奥新川に来たのはとても久しぶりです。


河原で芋煮をいただきました。
これは少ない薪で効率よくお湯を沸かせるつくりになっているそうです。


まさに清流です。


お昼の後は散策をしました。お天気にも恵まれ、良い1日を過ごすことができました。

NPO法人 水・環境ネット東北