第6回 川ごみサミット

第6回川ごみサミットは、オンライン併用で開催します!
プラスチック削減の新たな取組みを推進する講師、ゲストをお招きして、
川ごみ対策のために何ができるかを参加者の皆さまと意見交換をしながら考えてまいります。
皆さまのご参加をお待ちしています。

■日時:2021年2月20日(土) 13:00~16:00
■会場:全水道会館 5階中会議室 + オンライン
(文京区本郷1-4-1、JR水道橋駅 東口より徒歩2分)
■参加費:無料 
■定員:40名(会場)+90名(オンライン) いずれも先着順
■主催:全国川ごみネットワーク
■協賛:一般社団法人プラスチック循環利用協会
■協力:MOTTAINAIキャンペーン、株式会社ATSURAELU

■プログラム(予定)
〇開会・挨拶
〇講演
・「はじまる脱プラスチック〜川と海のつながりから考える」
 (NPO法人プロジェクト保津川 代表理事 原田 禎夫氏)
・「プラスチックからはじめる省資源・循環経済」
 (東京都環境局資源循環推進部 専門課長 古澤 康夫氏)
~休憩~ 
〇意見交換    
・ゲストスピーカー事例紹介
 1)内陸県でのプラごみ発生抑制啓発 
 (桂川・相模川流域協議会 代表幹事 日向治子氏)
 2)身近なところから“卒”プラスチック 
 (岡山県真庭市生活環境部環境課 参事 藤田浩史氏)
 3)mymizuアプリでプラスチック削減 
 (Social Innovation Japan代表理事 マクティア マリコ氏)
・参加者を交えた意見交換
〇ふりかえり
〇挨拶・閉会

※チラシ https://www.kawagomi.jp/img/summit6_flyer.pdf
※詳しくは全国川ごみネットワークHPをご参照ください
https://kawagomi.jp/2020/12/summit6/

【お問合せ・申込先】
全国川ごみネットワーク事務局
E-mail:kawa53#kawagomi.jp (#を半角@に変更ください)
TEL:080-8167-8577(担当 伊藤)

“いい川”づくり研修会 石川・河北潟
 ~グリーンインフラとしての河北潟の将来を考える~

【開催日時】2021年3月5日(金)10:00~15:35
【開催方法】オンライン(ZOOMウェビナー)
※全体討論等において、質疑や意見等が可能です。 
*詳細はチラシをご参照ください。
http://mizukan.or.jp/wordpress/wp-content/themes/mizukan/pdf/kensyukai/ishikawa20210305.pdf

河北潟湖は1963年から国営干拓事業で湖面の3分の2が干拓された湖です。
干拓地は水田、畑、牧場として利用されてきましたが、
農業排水の流入等で湖の水質悪化が懸念されています。
加えて、護岸工事による水辺の多様な植生の改変等で
生物多様性や自然景観が失われつつあり、湖と地域住民の関係も希薄になってきました。
こうした河北潟の現状をどう改善し、貴重な地域資産として
どう育て残していくかが課題となっています。
各地の潟湖の回復事例等も踏まえ、その将来ついて議論したいと思います。

・主催:NPO法人全国水環境交流会 http://mizukan.or.jp/kensyukai
・共催:NPO法人河北潟湖沼研究所 http://kahokugata.sakura.ne.jp/
・後援:石川県(予定)、北陸グリーンインフラ研究会

【対象・募集】河川管理者、農地管理者及び事業者、地域住民、学識者、学生など
(募集人数80名/先着順*定員になり次第締め切り)
・建設系CPD(建設コンサルタンツ協会)単位付与プログラム

【主な内容】※一部予定、敬称略
・事例報告
「河北潟の課題と将来構想」 NPO法人河北潟湖沼研究所
「河北潟の現状と課題」 石川県土木部河川課 
・講座1「グリーンインフラとしての河北潟」上野 裕介(石川県立大学) 
・講座2「包括的再生と河北潟の将来像」菊地 直樹(金沢大学)    
・講座3「地域づくり、循環、能登の事例」森山 奈美(株式会社 御祓川)    
・講座4「新潟市鳥屋野潟での『潟展(がってん)』プロジェクト」相楽 治(NPO法人新潟水辺の会)
・質疑・全体討論
 
【申込方法】
お名前、ご所属、E-MAIL(※要登録)、連絡先(電話、FAX等)、
CPD受講希望の有無を事務局にメールかファクシミリでお申込みください。
【申込先】
NPO法人全国水環境交流会  
ファクシミリ:03-5772-1608
E-mail:mizukan★mizukan.or.jp (★→@に変えてください)

これまでの、“いい川”づくり研修会の開催状況等は、
NPO全国水環境交流会のHPからご覧になれます。
http://mizukan.or.jp/kensyukai

広瀬川魅力創生サポーター認定制度

広瀬川において自然環境の保全や賑わいの創出に貢献する活動を行っている団体を、
「広瀬川魅力創生サポーター」として認定し、さらなる活動意欲の向上を図るとともに、
その取組みを支援するものです。
取組内容に応じて、「広瀬川グリーンサポーター」、
「広瀬川ゴールドサポーター」の2つの区分で認定します。

1. 広瀬川グリーンサポーター
広瀬川創生プランの取組事業に延べ10人以上が参加した団体。

【取組事業と活動の例】
・「広瀬川1万人プロジェクト」などの清掃活動に参加
・「広瀬川で遊ぼう」などのイベントの運営にスタッフの1人として従事

2. 広瀬川ゴールドサポーター
(「広瀬川グリーンサポーター」として認定されてから行う活動であること)
直近5年間のうち3年以上、広瀬川1万人プロジェクトにおける清掃会場事務局を担当した団体。
広瀬川創生プランの重点事業について、主催団体の事務局又は構成員として2回以上活動した団体。
広瀬川創生プランの重点事業を1つ以上と、同等の事業(※)について
主催団体の事務局又は構成員として活動した団体。
 ※同等の事業の詳細については、個別に相談願います。

【取組事業と活動の例】
・広瀬川1万人プロジェクト清掃活動の会場事務局(又は補助)を3年以上担当
・「広瀬川で遊ぼう」,「作並かっぱ祭り」等のイベントで主催団体等として活動

申請窓口 建設局百年の杜推進部河川課広瀬川創生室(市役所本庁舎6F)
申請・認定手数料 無料
詳細 http://www.city.sendai.jp/hirosegawasose/ninteiseido.html

【お問い合わせ先】
仙台市建設局河川課
仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階
電話番号:022-214-8327
ファクス:022-268-4312