連続セミナー「どうすれば良い?大河川における多自然川づくり」

近年の激甚化する災害に対応するため、全国の⼤河川で、
河道掘削や樹⽊伐採による流下能⼒の強化や堤防整備などが計画されている⼀⽅で、
⼤規模な河川改修による河川環境の悪化や、⽣物の⽣息環境の消失が懸念されています。
本セミナーでは、「⼤河川における多⾃然川づくり〜Q&A形式で理解を深める〜」を基に、
複数回に渡り、河道掘削や樹⽊管理における多⾃然川づくりのポイントを
Q&A執筆者より解説した上で、参加者の皆様と意⾒交換を通じて、
⼤河川における多⾃然川づくりへの理解を深めることを⽬的としています。

主催:公益財団法人リバーフロント研究所(多自然川づくりサポートセンター)
日時:2021年6月17日(木)16:00~17:30
形式:ZOOMウェビナー(事前申込制)

<プログラム>
16:00~「大河川における多自然川づくり~Q&A形式で理解を深める~」中村圭吾(土木研究所 上席研究員)
16:30~「高水敷掘削における多自然川づくりのポイント」原田守啓(岐阜大学 准教授)

ご希望の方は、下記のURL
https://forms.gle/vGwy7PCCxNURa3Xo6
よりお申込みください。
(申し込み期間は6月10日(木)まで、先着100名を予定しています。)

詳細(PDF)
http://www.rfc.or.jp/daikasen2021_01.pdf

(参考)
「大河川における多自然川づくり~Q&A形式で理解を深める~」
https://www.mlit.go.jp/river/shishin_guideline/kankyo/tashizen/qa.html

【お問い合わせ】
公益財団法人リバーフロント研究所(多自然川づくりサポートセンター)(担当:金子)
E-mail daikasen2021★rfc.or.jp (★→@に変えてください)

広瀬川魅力創生サポーター認定制度

広瀬川において自然環境の保全や賑わいの創出に貢献する活動を行っている団体を、
「広瀬川魅力創生サポーター」として認定し、さらなる活動意欲の向上を図るとともに、
その取組みを支援するものです。
取組内容に応じて、「広瀬川グリーンサポーター」、
「広瀬川ゴールドサポーター」の2つの区分で認定します。

1. 広瀬川グリーンサポーター
広瀬川創生プランの取組事業に延べ10人以上が参加した団体。

【取組事業と活動の例】
・「広瀬川1万人プロジェクト」などの清掃活動に参加
・「広瀬川で遊ぼう」などのイベントの運営にスタッフの1人として従事

2. 広瀬川ゴールドサポーター
(「広瀬川グリーンサポーター」として認定されてから行う活動であること)
直近5年間のうち3年以上、広瀬川1万人プロジェクトにおける清掃会場事務局を担当した団体。
広瀬川創生プランの重点事業について、主催団体の事務局又は構成員として2回以上活動した団体。
広瀬川創生プランの重点事業を1つ以上と、同等の事業(※)について
主催団体の事務局又は構成員として活動した団体。
 ※同等の事業の詳細については、個別に相談願います。

【取組事業と活動の例】
・広瀬川1万人プロジェクト清掃活動の会場事務局(又は補助)を3年以上担当
・「広瀬川で遊ぼう」,「作並かっぱ祭り」等のイベントで主催団体等として活動

申請窓口 建設局百年の杜推進部河川課広瀬川創生室(市役所本庁舎6F)
申請・認定手数料 無料
詳細 http://www.city.sendai.jp/hirosegawasose/ninteiseido.html

【お問い合わせ先】
仙台市建設局河川課
仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階
電話番号:022-214-8327
ファクス:022-268-4312